【ピアノ】を習う費用は予想以上に高いが、子供の人格形成への投資と考えるべき。

ピアノ



ピアノを習うこと。それは無料のサービスではない。

 

こんにちは、婿殿HIRO(@donomuko16)です。

 

本格的にお子様にピアノを習わせたい、そう思い始めたあなたにまず伝えておくことがあります。とても現実的な大事な内容ですので、本当のことをはっきりと述べておきます

 

単刀直入に言いますと、結構な費用を覚悟して下さい。それも、長期的に。

 

一般的な家庭であれば、一生に稼げるお金というものは限られています。その使い道をどうするかは勿論個人の自由ですが、習い事にいくら回す余裕があるのかが重要となります。

 

あなたはお子様の習い事のために、月収から(あるいは年収から)いくら出せますか?

 

「無理。出せない、、、。」

 

そう感じたあなたは、正直習わる余裕は無い状況です。ピアノは結局は趣味の範疇であり、食費を削って一家貧しい思いをしてまで習わせるべきではありません。無理して始めたところで、結局は支出がストレスとなり、習っている子供本人にまで当たるようになります。

 

楽しく習えない環境であれば、結局は長続きしません。間違いなく。そのお金で少しでも家庭の幸せを維持して下さい。

 

金銭的負担に耐えられる家庭であれば、やはり習わせるべき。

 

あなたが毎月のやりくりから1万円出せる余裕があれば、すぐに習わせるべきです。悩む必要はありません。

 

ひとつ前の記事にも書きましたが、幼少期のピアノ教育は強烈な効果があります。1万円でその子の人格形成に多くのメリットをもたらすことを考えれば、安い投資になります。

 

考えてみて下さい。

 

精神的に不安定な10代に育った場合、間違いなく色々な非行に走るリスクが増えます。多くの方に迷惑をかけることになるかもしれません。もし、あなたがその子の親で、その子に毎月1万円渡せば、別人のように真面目な毎日を送ってくれるでしょうか、、、?

 

無意味に失うと思います、そのお金は。

 

前述で安い投資といったのは、それが大きな理由です。「三つ子の魂百まで」なのが実情なのです、人間という生き物は。物心つく段階から、その子の人間性にプラスの影響があることにお金を払うのは、立派な将来への投資なのです。



実際にかかる費用はいくらなのか。事実を教えます。

 

最後に、一番気になると思われる、実際に習う上での費用を正直にまとめておきます。

 

①ピアノ購入

 

初めの頃はお子様の指の力も無いので、無理に高額なピアノを買う必要は全くありません。ただし、キーボードはやめて下さい。最低限、電子ピアノです。今は安くて鍵盤の質も良い電子ピアノが多く販売されていますので、比較的見つけやすいです。

 

個人的にはヤマハカシオ3万円前後の製品で十分と思います。初めから高望みは無謀です。実際に我が家にも高額なアップライトピアノと安価な電子ピアノがありますが、後者を悪いピアノと思ったことは一度りません。(次の機会に紹介します)

 

②教室入会+教材

 

まずはピアノ教室に入会しなければなりませんが、多くの講師は入会金を取ります。概ね5千~2万円といったところでしょうか。有名な教室ほど、この金額も高くなる傾向にあります。無料の良心的な教室も勿論ありますよ。友達紹介キャンペーンなどもあるので、付き合いから探すのも手です。

 

ちなみに、なぜ入会金をとるのか?

 

理由はピアノ講師がお金を欲しいから、ではありませんよ。本気で習いたい子本気で習わせたい親を講師も求めているからです。教える側も実際には苦労します。教えられる人数にも限りがあります。要するに冷やかしで入会されては困るのです。我が子達のお師匠様も、倒れるほど熱心に指導してくれます。

 

教材代は年間5千円程度で済みます。

 

③月謝

 

これはレッスン回数によってかなり変わってくるので注意して下さい。金額だけで高い安いは判断してはいけません。基本的に、時間対価だと思います。

 

・週に1回レッスン 毎月5千円

・週に1回+不定期特訓  毎月8千円

 

もっと頻度が多いコースもありますが、幼児のうちはおすすめしません。やはり、他の時間も大切です。

 

④冷暖房費

 

意外と知られていませんが、年単位で請求される場合が多いです。1~2万円と教室環境によってはお高めとなります。

 

⑤発表会やコンクールの参加費

 

毎年必ずといって良いほど開催されます。生徒たちでホールを貸切るわけなので、単純に高額となります。グランドピアノのレンタル料や、会場代、照明、花、プロのカメラマン、スタッフなどなど、、実際にコストがかかっているため仕方ありません。

 

前の記事でも書きましたが、むしろここがピアノを習う上での大きなメリットを傍受する機会となります。

 

2万円は覚悟して下さい(衣装台なども含めて)。お子様の出番は、幼児はたった1分程度あるかないかです。これは本当に高いですが、投資として結果的に安いと思いましょう。

 

以上がピアノを習う上で必要な支出となります。

 

初年度は10万円+月謝代で、20万円程の余裕が家庭にあるかが最初の壁となります。少し多めに見積もっていますが、トータル3人分を経験している私が言うので、本当に現実的な金額だと思います。

 

この年額に問題なさそうなご家庭であれば、すぐにでもお子様の背中を押してあげて下さい。人生の選択として絶対に無駄ではないと断言します。


 

続きはこちら☟

最近の【電子ピアノ】は、ピアノ入門者にとっては十分すぎるスペック!