ピアノを好きになる子と嫌いになる子の違いは何か、【対話型AI】のGeminiに聞いてみた!

ピアノ、レッスン、好きになる子、嫌いになる子、違い、Gemini Gemini

【対話型AI】Gemini

 

こんにちは、ヒロです。

 

前回の記事では、ピアノは何歳から習うのが良いとされるのか、私個人の考えではなく人工知能に聞いてみた結果をお伝えしました。

 

【対話型AI】Geminiが答える「ピアノは何歳から習うのがオススメ?」

 

お手本のような回答をしてくるので、今回も新しい質問を投げかけます。

 

ピアノを好きになる子、嫌いになる子の違いは?

 

Geminiの回答がこちら↓

 

回答①

ピアノが好きになる子

  • 音楽が好きで、音色やリズムに敏感

  • 自分で演奏することへの意欲が高い

  • 達成感や成功体験を味わうことができて、自信がつく

  • 練習を苦痛ではなく、楽しみと感じられる

  • 集中力や忍耐力がある

  • 先生や周りの人と良い関係を築けている

 

ピアノが嫌いになる子

  • 音楽自体に興味がない

  • 練習が嫌い

  • 上達するのが難しく、挫折してしまう

  • 先生や周りの人と合わない

  • プレッシャーを感じやすく、緊張してしまう

  • 集中力が続かない

 

ピアノを好きになるために

  • 子供の興味やペースに合わせ、無理強いしない

  • 楽しい曲や好きな曲を弾く

  • 小さな目標を設定し、達成感を味わえるようにする

  • 練習をゲーム感覚にする

  • 褒めて励まし、自信をつける

  • 先生や周りの人と良い関係を築く

 

ピアノは、練習すれば必ず上達する楽器です。

上達を実感できれば、自然とピアノが好きになるものです。

子供がピアノを好きになるために、親や先生はサポートしていくことが大切です。

参考資料

 

回答②

 

ピアノが好きになる子の特徴

  • 音楽が好き
  • 歌を歌ったり、体を動かしたりして音楽を楽しむ
  • リズム感がある
  • 好奇心旺盛
  • 新しい音や曲に興味を示す
  • ピアノの仕組みや音色に興味を持つ
  • 集中力がある
  • 指先や音符に集中できる
  • 練習を最後までやり遂げる
  • 達成感を得やすい
  • 簡単な曲を弾けるようになったり、練習目標を達成したりして喜ぶ
  • 自分の演奏を聴いて満足する
  • 表現力豊か
  • 自分の気持ちを音で表現する
  • 音楽を通して創造性を発揮する

 

ピアノが嫌いになる子の特徴

  • 音楽に興味がない
  • 歌を歌ったり、体を動かしたりして音楽を楽しまない
  • リズム感が乏しい
  • 消極的
  • 新しいことに挑戦することを恐れる
  • 失敗を恐れ、練習を避ける
  • 集中力がない
  • 指先や音符に集中できない
  • 練習をすぐに飽きてしまう
  • 達成感を得にくい
  • 努力しても上達を実感できず、自信を失う
  • 自分の演奏に満足できない
  • 感受性が弱い
  • 音楽を通して感情を表現することが苦手
  • 音楽の楽しさを理解できない

 

その他

  • 環境
  • ピアノの先生との相性
  • レッスン内容や雰囲気
  • 家庭での練習環境

 

  • 性格
  • 几帳面な子は練習を積み重ねて上達し、ピアノが好きになる傾向
  • 自由奔放な子は型にはまった練習を嫌い、ピアノを嫌いになる傾向

 

ピアノを好きになるために

  • 子供の興味やペースに合わせる
  • 無理強いせず、楽しく練習する
  • 達成感を味わえる経験を積ませる
  • 音楽を身近なものにする
  • 子供の個性や才能を伸ばす

 

ピアノは奥深い楽器であり、練習すればするほど上達します。

 

子供がピアノを好きになるためには、子供の個性や興味に合わせ、楽しく練習できる環境を整えることが大切です。

 

まとめ

 

さて、いかがでしたか?

 

全ての項目がほぼそのまま、我が家の子供たちにも当てはまる内容でした。

 

ここで大事なことは、子供たちにはぞれぞれの性格(個性)があり、実はピアノが不向きかもしれないということに親が気づけるかだと思います。

 

習い事の場合は、今後も続けるかどうかの大きな判断基準になります。

 

何度叱ってもピアノを練習してくれない、、、そんな悩みを抱えている親御さんも多いはず。

 

無理して続けることでピアノを嫌いにさせてしまうよりは、一度距離を置いて、その子にとって本当に必要な習い事なのか家族で見つめ直す期間も大事です。

 

ピアノは、弾ける方が人生の楽しみは確実に増します。

 

しかし一方で、親のエゴでピアノや音楽を嫌いになるような育て方は絶対にしない、これもまた重要な考え方ではないでしょうか。

 

「辞めるのは簡単」とよく言いますが、実は「続けさせるのは簡単」なのかもしれませんね。

 

それではまた!